YAMINABE Fes! ― 創作集団コルドロン

秋田県で活動している『創作集団コルドロン』のブログです。サークルの活動や展示会など、色々な情報をお伝えします。

2015年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

はじめまして。新メンバーのtokihaです。

 はじめまして。創作集団コルドロンに新メンバーとして加入することが決まりました「tokiha」と申します。

 コルドロンのメンバーは県南の方が多いですが、僕は秋田市在住です。

 半年ほど前から細々とDTMでの作曲を続けており、今回、親友であるnayuta君からメンバーとして加入しないかとのお誘いがあって、初の音楽担当として参加することになりました。

 コルドロンの活動はnayuta君から常々聞いており、展覧会も毎回見に行っていました。コルドロンの展覧会は非常に郷土愛にあふれていて、秋田の文化や伝統に対する情熱が感じられ、それを毎回違った形式で表現されていて、今度はどんな作品に出会えるのだろうと本当に楽しみでした。それぞれの作品のクオリティも非常に高く、秋田にもこんなクリエーターがいるんだと感激していました。特に前回の展覧会での絵巻物には驚かされました。文章とイラストとのマッチングが非常によくできていて、絵巻物という過去の表現形式なのにちゃんと現在のものへと昇華させていること、クリエーターたちが絵巻物という表現形式を噛み砕いてきちんと自分自身のものとして取り込んでいること、本当に驚きの連続で非常に興味深く見させていただきました。それぞれの作品に込められた熱い情熱が痛いほどに伝わってくるすばらしい展覧会だったと思います。

 長々と書きましたが、一言で言うなら僕はコルドロンのファンだったのです。次回の展覧会のテーマが決まり、今度はどんな驚きをもたらしてくれるんだろうな、と期待しているところにnayuta君からお声がかかり、なんというか、ちょっと信じられなかったです。nayuta君のコルドロンの活動を見ていて、楽しそうだな、あんな人たちと一緒に活動できるのは羨ましいな、と思っていました。なにぶん、一人きりで作曲をしていたものでしたから。だから、単純に誰かと一緒にものづくりとするということへの憧れもありました。それがこんなにも早く夢が実現するとは思いもよりませんでした。

 僕は作曲者としてはまだまだレベルが低いです。楽器も弾けないし、音感もないし、大きなコンプレックスを抱えながら自分にできることを探してここまでやってきました。理論なんてはじめは全然わからなかったです。キーってなに? 曲って全部ドレミファソラシドで出来てるんじゃないの? とか言ってたくらいですから(笑)。一度、本気で作曲をやめようと思ったことがあります。しかし、作曲というか創作のない日々は僕にとって非常に辛いものでした。退屈で、怠惰で、惰性で生きてる感じしかしなかったです。そのときに、自分は創作をしていなければ生きていけない人種なんだとわかりました。だからこそ、苦しみながらここまでやってきました。誇りなんてなくて、自信なんて微塵もなくて、褒めてくれる人もいなくて、それでも創り続けることを選択してきました。あえて言うなら、その選択こそが誇りです。だから、僕がコルドロンにどこまで貢献できるかなんてわからないんです。実は結構、不安だったりします。

 一昨日、コルドロンの定例会議に秋田市から参戦してきました。そこで感じたのは、作品へ傾ける熱量の大きさです。自分の作品を向上するための努力はどこまでも惜しみなく注ぐこと、作品への熱情とプライドと向上心です。それが、僕には欠けているように思えました。僕は安易にループを使ったり、エフェクトを使用してなかったり、mixを詰めてなかったり、細かい部分での荒が目立ちます。そういった部分を改善して行く必要性があると痛感しました。それは自分にとってのプラスとなる一歩なんだと思います。誰かに聴かせる曲を創ること、誰かにいいねって言ってもらえる作品を創ること。それが僕に課せられた課題です。それが出来てはじめて、コルドロンに貢献できるようになると思っています。ですから、これから努力は惜しみません。より良い作品を創れるように、向上心を常に持ち、小さなことにも真剣に向き合うこと。こだわりを持つこと。いつか、誰かの記憶に鮮やかに残るような作品を創るために。

 長文になりました。おつきあいいただいた方はありがとうございます。自分の気持ちはありったけのものをぶつけました。ここからが新たなスタートです。今後のtokihaの活動にご期待していただければありがたいです。実はもう新たに動き出していたりします。あと、今までに創った曲はどこかで公開できればいいなと思っています。そちらも準備中です。くわしくはTwitterをご確認いただければ。
 それでは、今回はこの辺で失礼いたします。
 tokihaでした。
tokiha
スポンサーサイト

| 雑記(tokiha) | 20:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。