YAMINABE Fes! ― 創作集団コルドロン

秋田県で活動している『創作集団コルドロン』のブログです。サークルの活動や展示会など、色々な情報をお伝えします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【YA・MI・NA・BE・fesⅡ 今昔秋田綺譚】作品紹介・『犬子市由来記』

 おばんです、逆木です。

 本日ご紹介するのは『犬子市由来記』です。


 原案となったのは、湯沢市の冬の風物詩である「犬っこまつり」というお祭りです。詳細は湯沢市の観光情報をご覧ください。
 そして、『犬子市由来記』とあるように、この作品は犬っこまつりの「由来」に焦点を当てています。

 原案提供と絵はほほいさん。
 物語は霧雨絢さんです。

 さて、湯沢市が公式に載せている「犬っこまつりの由来」を要約しますと、以下のようになります。


 佐竹の殿様が秋田に転封されて間もないころ、湯沢の町を騒がす「白討」という盗賊がいた。白討は白昼堂々予告をしては盗みを働き、人々を震え上がらせていた。
佐竹殿は見事白討を成敗し、二度とこのような災いが起こらないよう、米粉で作った犬のお菓子を門前に祀るようになった。
 これが犬っこまつりの由来である。



 え? 終わり!?
 白討って何だったの!?
 それになんで犬? 犬ナンデ!?

 毎年恒例のお祭りも、冷静に伝承を見てみると、突っ込みどころ……もとい、想像/創造の余地がいくらでもあることに気付きます。そんな時こそ、今昔秋田綺譚の出番です。
 霧雨絢さんはこの“隙間”をどのような物語に仕上げたのでしょうか。

 それでは、『犬子市由来記』の本編を少しばかり覗いてみましょう。


『犬子市由来記』


 時は江戸初期。
 秋田に転封されてきた佐竹の殿様は、湯沢の町を騒がす「白討」なる盗賊の存在を耳にします。白昼堂々と盗みを予告したうえで、何もかもを奪っていく白討を湯沢の人々は恐れ、佐竹殿は白討の征伐を約束します。

 そして、今日もまた、白討の予告が高々と湯沢の町に掲げられたのでした。
犬子市由来記③


 佐竹殿はひとり、予告を受けた屋敷で白討を待ち構えます。
犬子市由来記⑥


 そして、その時、何かが……!
犬子市由来記⑦



 コルドロンの湯沢市出身メンバーをして「その発想はなかった!」とうならせた、霧雨絢さんによる学術センス溢れる物語と、コルドロンの副リーダーであるほほいさんが自らの殻をぶち破る勢いで描き抜いた数々のイメージ。

 白討とは何者か。
 佐竹殿はいかにして白討を制したのか。
 なぜ湯沢の人々は門前に犬のお菓子を祀るようになったのか。

 犬っこまつりの由来に関する諸々の疑問に対する答えが、『犬子市由来記』にはあります。


 ぜひ、会場にてご覧ください。



ブログ用

◎開催日時
5月3日(土)9:00~19:00
5月4日(日)9:00~16:00

◎開催場所
横手市交流センター「Y2プラザ」・1階オープンスペース
アクセス

◎主催
創作集団コルドロン

◎入場無料です!

◎展示作品
『今昔秋田綺譚』 6作品(巻物7本・デジタル展示1本)
『秋田の仰事』   1作品(巻物1本 ※)

※秋田県にゆかりのあるクリエーターの皆様に、
 「秋田の行事」をテーマに自由な発想で描いてもらった作品を繋げた連作絵巻です。
スポンサーサイト

| 今昔秋田綺譚 | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yaminabefes.blog.fc2.com/tb.php/31-a0f60471

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。